ヴォクシーHV、エクステリアの基本はノーマルと同じ?

ヴォクシーHVのエクステリアについてチェックをする前に、そもそものヴォクシーHVの歴史の流れをカンタンに振り返ってみたいと思います。

もともとトヨタにはタウンエースと呼ばれるミニバンクラスの車がありました。基本的には業務用で使われることが多かったのではないかと思いますが、「家族全員を乗せて快適にドライブできる」ということで自家用車としても人気の高かった車種ですね。

その当時のタウンエースのエクステリアというのは、どうしても今から見ると「ハコが走っている」というイメージを感じてしまいます。それが大きく変化したのが2001年、ヴォクシーとノアがデビューをした年です。

ただ単に室内空間が広ければそれで良いという訳ではなく、エクステリアについても「スタイリッシュであること」に対する価値観が表れ始めたと言っても良いでしょう。

その後2回のモデルチェンジを繰り返し、2014年にデビューした現行のヴォクシーは、大きくそのエクステリアを変化させ、テレビCMでおなじみの「カッコイイ父親」のイメージをより強く打ち出す形となりました。

今回チェックしていくヴォクシーHVというのは、その3世代目からデビューしたクルマとなります。ついに時代は「室内空間などの機能性」と「エクステリアのデザイン性」に加えて「少ないガソリンで走る環境性」というのを求めはじめ、それに応えた形となります。

そんなヴォクシーHVのエクステリアについては基本的にガソリン車のエクステリアと共通しています。

3世代の現行モデルは、かつてのタウンエースのようなハコ感というのを全く感じさせません。とてもスタイリッシュで高級感のあるエクステリアとなっています。

ヴォクシーHVのエクステリア、“煌”をチェックしてみよう

ヴォクシーHVをチェックする上で気になるのが、特別仕様の“煌”です。

現在は“煌Ⅱ”ということで、ハイブリッド車とガソリン車の両方が用意されています。特にハイブリッドの“煌Ⅱ”については、エクステリアといった外観のカッコよさに加えて燃費も良いことから、家族で車をお使いになるファミリー層にはとても良いのではないかと思います。

煌Ⅱのベース車両はZSとなっており、ZSを大きくドレスアップさせたのが煌Ⅱといった捉え方で問題ないかと思います。具体的なドレスアップ部分としては、フロントグリルにメッキが施され、フロントグリルモールは高純度シルバーとなっています。

アウトサイドドアハンドルもメッキ仕様となるなど、煌という名の通りメッキが多く施されているのが特徴です。フロントフォグランプももちろん装備しており、こちらはLEDとなっていますね。

ヴォクシーHVのエクステリア、カラーリングをチェック

ヴォクシーHVのエクステリアについて、次はカラーリングをチェックしたいと思いますが、こちらも基本的にはガソリン車と同じ仕様となっています。

エクステリアデザインについてはハイブリッド車もガソリン車も目立って大きな違いはありません。ただやはり、特別仕様車の煌Ⅱとなってくると少し違いが出てきます

。基本的にヴォクシーHV自体が最初から「カッコイイ父親」というコンセプトをしっかりと持っていますので、カラーリングも最初からクール系の落ち着いたカラーバリエーションとなっていますが、煌Ⅱには特別設定色も用意されていますので、そちらもあわせてチェックしてみたいと思います。

通常のヴォクシーHVのカラーバリエーション、まとめ

■ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)

■シルバーメタリック

■ブラック

■ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(メーカーオプション)

■オーシャンミントメタリック

■ダークバイオレットマイカメタリック

ヴォクシーHV“煌Ⅱ”のカラーバリエーションまとめ

■ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)

■アイスチタニウムマイカメタリック(特別設定色)

■ブラック

■ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

ヴォクシーHVのエクステリア、現行モデルは顔が大きく変化

最後にヴォクシーHVの顔をチェックしてみたいと思います。こちらもやはりガソリン車と大きな違いというのは無いのですが、やはり特筆したいのは2代目ヴォクシーからの大きな変化ですね。

もともとヴォクシーというのは同社同クラスのノアをドレスアップしたバージョンという位置づけでした。ですので初代のヴォクシーから、エクステリアやフェイス周りのデザイン性というのは高かったのですが、それでも現行モデルの3代目ヴォクシーと比べると、ソフトな印象を受ける顔となっています。

ここへ来て、大きく印象を変化させたヴォクシーHVですが、その理由の一つとしてはライバルの台頭があるのかもしれません。代表的なライバルは日産のセレナやホンダのステップワゴンですが、それだけではありません。

シエンタやフリードといった、コンパクトながら3列シートといった車も人気を集めてきていますし、アルファードやベルファイヤといった上のモデルとも比較される場合もあります。

そんな中でより強力に「コンセプトとの一致」を強めた結果が、今回の3代目ヴォクシーだと言えるかもしれませんね。

まとめ

ヴォクシーHVのエクステリアについてご紹介をいたしましたが、いかがでしょうか?

基本的にはガソリン車と同じ仕様となっていますが、ハイブリッド車という事で燃費が良くなる分、エクステリアにはこだわりたいという事で、煌という特別仕様車がヴォクシーHVでは人気となっています。

実際にヴォクシーHVのエクステリアについてチェックをしてみたい方は、ぜひお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です