ヴォクシーHV、エクステリアの基本はノーマルと同じ?

ヴォクシーHVのエクステリアについてチェックをする前に、そもそものヴォクシーHVの歴史の流れをカンタンに振り返ってみたいと思います。

もともとトヨタにはタウンエースと呼ばれるミニバンクラスの車がありました。基本的には業務用で使われることが多かったのではないかと思いますが、「家族全員を乗せて快適にドライブできる」ということで自家用車としても人気の高かった車種ですね。

その当時のタウンエースのエクステリアというのは、どうしても今から見ると「ハコが走っている」というイメージを感じてしまいます。それが大きく変化したのが2001年、ヴォクシーとノアがデビューをした年です。

ただ単に室内空間が広ければそれで良いという訳ではなく、エクステリアについても「スタイリッシュであること」に対する価値観が表れ始めたと言っても良いでしょう。

その後2回のモデルチェンジを繰り返し、2014年にデビューした現行のヴォクシーは、大きくそのエクステリアを変化させ、テレビCMでおなじみの「カッコイイ父親」のイメージをより強く打ち出す形となりました。

今回チェックしていくヴォクシーHVというのは、その3世代目からデビューしたクルマとなります。ついに時代は「室内空間などの機能性」と「エクステリアのデザイン性」に加えて「少ないガソリンで走る環境性」というのを求めはじめ、それに応えた形となります。

そんなヴォクシーHVのエクステリアについては基本的にガソリン車のエクステリアと共通しています。

3世代の現行モデルは、かつてのタウンエースのようなハコ感というのを全く感じさせません。とてもスタイリッシュで高級感のあるエクステリアとなっています。

ヴォクシーHVのエクステリア、“煌”をチェックしてみよう

ヴォクシーHVをチェックする上で気になるのが、特別仕様の“煌”です。

現在は“煌Ⅱ”ということで、ハイブリッド車とガソリン車の両方が用意されています。特にハイブリッドの“煌Ⅱ”については、エクステリアといった外観のカッコよさに加えて燃費も良いことから、家族で車をお使いになるファミリー層にはとても良いのではないかと思います。

煌Ⅱのベース車両はZSとなっており、ZSを大きくドレスアップさせたのが煌Ⅱといった捉え方で問題ないかと思います。具体的なドレスアップ部分としては、フロントグリルにメッキが施され、フロントグリルモールは高純度シルバーとなっています。

アウトサイドドアハンドルもメッキ仕様となるなど、煌という名の通りメッキが多く施されているのが特徴です。フロントフォグランプももちろん装備しており、こちらはLEDとなっていますね。

ヴォクシーHVのエクステリア、カラーリングをチェック

ヴォクシーHVのエクステリアについて、次はカラーリングをチェックしたいと思いますが、こちらも基本的にはガソリン車と同じ仕様となっています。

エクステリアデザインについてはハイブリッド車もガソリン車も目立って大きな違いはありません。ただやはり、特別仕様車の煌Ⅱとなってくると少し違いが出てきます

。基本的にヴォクシーHV自体が最初から「カッコイイ父親」というコンセプトをしっかりと持っていますので、カラーリングも最初からクール系の落ち着いたカラーバリエーションとなっていますが、煌Ⅱには特別設定色も用意されていますので、そちらもあわせてチェックしてみたいと思います。

通常のヴォクシーHVのカラーバリエーション、まとめ

■ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)

■シルバーメタリック

■ブラック

■ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(メーカーオプション)

■オーシャンミントメタリック

■ダークバイオレットマイカメタリック

ヴォクシーHV“煌Ⅱ”のカラーバリエーションまとめ

■ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)

■アイスチタニウムマイカメタリック(特別設定色)

■ブラック

■ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

ヴォクシーHVのエクステリア、現行モデルは顔が大きく変化

最後にヴォクシーHVの顔をチェックしてみたいと思います。こちらもやはりガソリン車と大きな違いというのは無いのですが、やはり特筆したいのは2代目ヴォクシーからの大きな変化ですね。

もともとヴォクシーというのは同社同クラスのノアをドレスアップしたバージョンという位置づけでした。ですので初代のヴォクシーから、エクステリアやフェイス周りのデザイン性というのは高かったのですが、それでも現行モデルの3代目ヴォクシーと比べると、ソフトな印象を受ける顔となっています。

ここへ来て、大きく印象を変化させたヴォクシーHVですが、その理由の一つとしてはライバルの台頭があるのかもしれません。代表的なライバルは日産のセレナやホンダのステップワゴンですが、それだけではありません。

シエンタやフリードといった、コンパクトながら3列シートといった車も人気を集めてきていますし、アルファードやベルファイヤといった上のモデルとも比較される場合もあります。

そんな中でより強力に「コンセプトとの一致」を強めた結果が、今回の3代目ヴォクシーだと言えるかもしれませんね。

まとめ

ヴォクシーHVのエクステリアについてご紹介をいたしましたが、いかがでしょうか?

基本的にはガソリン車と同じ仕様となっていますが、ハイブリッド車という事で燃費が良くなる分、エクステリアにはこだわりたいという事で、煌という特別仕様車がヴォクシーHVでは人気となっています。

実際にヴォクシーHVのエクステリアについてチェックをしてみたい方は、ぜひお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ヴォクシーHVのインテリア、使いやすさを徹底チェック

ヴォクシーHVのインテリアについて簡単に言うとすれば、それは「ママ向けになっている」という点です。あまりこういう分け方をしても本質的には意味がないかもしませんが、ヴォクシーHVという車はハイブリッドという事で、燃費についてはとても良い数が出ています。

それこそ家計を管理する母親にとっては重要なポイントとなります。そしてエクステリアについては「カッコイイ父親」というコンセプトの通り、ハードでクールな印象となっていますので、どちらかと言えばやはり父親にとって重要なポイントとなるでしょう。

では、インテリアはどうなっているのか?ハイブリッドによる燃費向上は母親を笑顔にし、高級感とカッコよさを感じさせるエクステリアは父親を笑顔にし、では、インテリアは?これはどちらかと言えば、やはり「ママ向け」になっているのかなと感じます。

そもそも車を良く運転するのは、どちらかと言えば母親の方が多いというのが実際のところではないかと思います。

もちろん父親が通勤で車に乗ったりするなど、いろいろなご家庭があるとは思いますが、どんなライフスタイルが多いのかと言えば、やはり父親が仕事へ行っている間、母親が買い物や子どもの幼稚園の送迎で車を使うというケースではないかと思います。

その結果として、やはり「子どもが乗り降りしやすい」「クルマの中で子供のお着換えもできる」といった「ママが使いやすいようなインテリア」というのが意識されるのではないかと思います。

そんなヴォクシーHV、インテリアについてその使いやすさをチェックしてみたいと思います。

ヴォクシーHVのインテリア、室内空間以外のデータもチェック

ヴォクシーHVのインテリアについては、公式サイトにも様々なデータが紹介されています。どんなデータが紹介されているのかというと、やはり基本は「ママと子どもがどれだけ使いやすいか?」という点が中心となっていますね。

まず具体的なデータで言えば室内高です。ヴォクシーHVの室内高は1,400mmとなっていますので、幼稚園に通う子どもであれば車内を立って歩いて移動ができる高さです。もちろん1列目から3列目まで自由に行き来ができるウォークスルー設計となっていますね。

インテリアの機能性、実は「子どもの乗り降り」が重要?

もう一つのポイントは「乗り降り」です。これはミニバンクラスになってくるとよく分かるのですが、床の高さというのが一つのネックとなります。

どういう事なのかというと、3歳や4歳といった年少さんだと、自分で乗り降りができない高さになる可能性が、ミニバンだと出てくるわけですね。これはちょっとしたことのように思いますが、たとえば両手に荷物を抱える状態の母親にとって、子どもが自分で車から降りてくれるというのは、とても助かるのです。

ヴォクシーHVにはそういった「母親のためちょっとした工夫」というのがしっかりと表れています。まずはそもそもの床の高さが低いという点。それともう一つは、子どもにも掴みやすい手すりが付いている点です。

これは細かいことのように思いますが、実は手すりのないミニバンの場合、小さな子どもはクルマから降りる際に「どこを掴んだらいいのか?」というのを探し、どこも掴めないとなった場合は「降りれない」となってしまうお子さんもいるのです。

これはトヨタがしっかりとママさん達の声に耳を傾けている証拠でもありますね。

ヴォクシーHVのインテリア、運転席はシンプルに

ヴォクシーHVについて、エクステリアは父親向け。

燃費については母親向け。といったように、ファミリー層向けにしっかりと支持を集められるセッティングになっているという事をご紹介させていただきましたが、運転席周りはどうなっているのかというと、ここもやはり「母親向け」という印象を受けます。

というのは、非常にスッキリとしてシンプルなデザイン、配置となっているためです。大きな車を運転することに抵抗がある女性もおられると思いますが、その上に運転席がごちゃごちゃとややこしいと、より抵抗を感じてしまいます。

ヴォクシーHVのインテリアは、そういった抵抗を感じる女性のことも考えているのか、まず運転席に乗り込んでパッと感じる印象が、ボタン関係の少なさです。

ハンドルの右側にスタータースイッチが配置され、左側にシフトレバー。正面にメーター関係。必要最低限のものがパッと目に入るようになっています。

エアコン関係などボタンが多くてごちゃごちゃしているモノはどこへ行ったのかと言うと、シフトレバーの左側に配置されているのですが、まるで大きな一つのボタンに見えるような円形にまとめて配置されています。結果として「わかりやすい」という印象となり、大きな車やボタンが多い車に抵抗のある母親からも好印象を得られるような設定になっています。

 ヴォクシーHV、シートアレンジは言うまでも無し

ミニバンで売上トップクラスのヴォクシーHV。シートアレンジはもはやご紹介の説明すらないかもしれません。広いラゲッジスペースを作るのはもちろん、フラットな状態にすることも可能です。2列目シートを一番後ろまで下げれば、子どもがお着換えできるスペースも確保。2列目シートに関しては、前後ではなく左右にもスライドします。

これはなぜ必要なのかというと、チャイルドシートです。チャイルドシートを載せていると、3列目に乗り込みたいとなった時、スライドドアからチャイルドシートの前を通って3列目シートへアクセスしなければいけませんが、チャイルドシートを載せた状態でその前を通ると言うのは、とても狭くて不便なんですね。そこで2列目シートの左右スライドです。

左右にスライドすれば、ドアから3列目までダイレクトに乗り込めるようになります。こういった配慮がヴォクシーHVの強みだと言えますね。

 まとめ

ヴォクシーHVのインテリアについてご紹介をしてきましたが、いかがでしょうか?外観のカッコよさに目を奪われがちですが、とても細かい部分にまで配慮が行きわたっているヴォクシーHVのインテリア。

気になる方はぜひ、実際にお店へ訪れ、その使いやすいインテリアを実際にチェックしてみていただければと思います。

ヴォクシーハイブリッド購入検討車のためのサイト。購入の判断材料となる情報を載せていきます